日々のコト、子育てのコト、単身赴任のこと、小っちゃな入れ物にてんこ盛りしたわたしの手帖

ソコトリソコトラ -プチ・ココット-

大学生活 @アニー

ゴールデンウィークの過ごし方

投稿日:

いよいよゴールデンウィークが始まりますね。
早い方ではもうすでに休みに入っていて、16連休なんていう会社もあるのだとか!

 

うちのオットーも比較的休みが長い方だと思いますが、結局子供がいる間は母親や普段通り。
それどころか、この期間中に部活の試合なんかもあって、いつもより早起きをして弁当作り・送り迎えをしなきゃならない分、
私にとっては
「忙しい時期がやってくる」
位の感覚しかありません・・・

 

それぞれの生活を尊重することにシフトしている最中

 

さて、大学に入学してから今回の休みが、初めてのまとまった連休になるわけですよね。
私も
「アニーは帰ってくるのか?」
何度オットーから聞かれたことでしょう。

 

その度に、
「さぁ?」
と言い続けている私^^;

 

だってこの間も書いたけれど、もうアニーとは線を引いたので、
あちらからアプローチしてこない限りは こちらからあれこれ聞くのは辞めたので。

 

聞きたくないといえばウソになります。
連休に帰って来ないのなら帰って来ないで、何をして過ごすのか知りたいとも思うし。

 

ただね~、私はその辺が下手な性格で。
一度聞いてしまえば、怒涛のごとくあれこれ詮索してしまいそうなので・・・

 

あえて「聞くか聞かないか」の二択にし、「聞かない」を選択したのです。

 

でも、そう決めてしまうともう本当にさっぱりしたもので。
あちらはあちらで楽しくやっているでしょ、と割り切れるようになり、これは私にとってもかなり気が楽なこと。

 

考えてみればもう大学生になったのだから、それくらいの距離を置いたほうがお互いのためなのだとわかってきたし。
私も子離れが出来て本当に嬉しいです。良かった、出来るんだ自分っていう感じ(笑)

 

どちらにしても、オットーは大型連休でウッキウキのようですが、
私はトートの学校に合わせカレンダー通り。
ウッキウキのオットーにせがまれて日帰りドライブくらいは行かなくてはならないでしょうが(義務)、
あとは特に何かする気など全くなし。

 

オットーはアニーのところにドライブに行こうか?とも言ってくれましたが、
それもきっと私が寂しいと思って言ってくれたのかと思いますが、当の私は寂しくないので行く気もナシ。

 

行ったら行ったでまた足蹴にされて、悲しい気持ちになるのはもう嫌なので。

 

だから、こちらからも一切連絡をしないまま過ぎていましたが、ほんの数日前、アニーからのラインが。
またお金?と思ってしまった私、かなり心が弱ってる?

 

そのラインはこう。

 

ア 「ゴールデンウィーク、来るの?

 

いや~、普通は帰ってくるよね^^;
どうです、この上から発言。

 

来るの? って。
あー、やだやだ。

 

アニーと同じ年の子供を持ち、一人暮らしをしている子の親のブログなんかを読んでいると、みな
「このGWには帰ってくるので・・・」
とか書いてありました。

 

どうなんでしょう、それが普通なのか、それとも帰って来ないのが普通なのか?
もちろん帰って来られる場所に住んでいるのか否かもありましょうが。

 

アニーのこのLINE、来るの?と聞くからには、自分からこちらに帰ってくる気などこれっぽっちもないのでしょうね。
そう聞かれたらつい、
「行くか、アホ(゚Д゚)ゴルァ」
と返事したくなる衝動に駆られましたが・・・

 

私が返事をする前に、アニーから続きのLINEが。

 

「来ないなら用事を入れたいから」

 

はいはい、どうぞどうぞ。

 

「行かないよ」
とだけ返事をしておきました。

 

寂しくないと言ったらうーん、ウソになるのかなぁ?
自分でもよくわかりません。

 

ただもちろん、
「ゴールデンウィークは帰るから、駅まで迎えに来て」
なんて言われたら、もちろん舞い上がるほど嬉しくなるだろうから、ということは寂しいのかな?

 

でもアニーなのでね。
期待もしないし、がっかりもしたくないし。

 

子育てって最近よく思うことがあります。それは
「淡々と」(笑)

 

感情を大きく動かすと自分が傷つくから、淡々と接しています。
これ、今までの自分の生き方からすると大きな方向転換です。

 

守りに入ってますね^^;
傷つきたくない、傷つけられたくない一心というか。

 

あー、にゃんこだわ、やっぱり(笑)
愛情を全て注ぎ込める対象が欲しいなぁ。

こちらの記事もおすすめです

1

何年か前にブログ記事にもしたことがある近大の青みかんサプリ「ブルーヘスペロン」。   今でも検索してこちらの記事にたどり着いてくれる方もいるほど。それだけ「なんとかして花粉の時期を乗り越えた ...

2

「花粉症」という言葉が登場し始めたのはいつの頃だったのでしょうか。今ではもう、花粉症は「5~6人に1人はなる」と言うほど国民病となっています。   街に桜の花がほころび始める頃、長い冬が終わ ...

3

寝かせ玄米の人気が高まっていて嬉しいかぎりです。体に良くて美味しくて、幸せになれる(!)食事だから、ぜひたくさんの方々に食べていただきたいです。 しかし、実際には寝かせ玄米のハードルは高いのが事実。ま ...

-大学生活, @アニー
-,

Copyright© ソコトリソコトラ -プチ・ココット- , 2018 All Rights Reserved.