日々のコト、子育てのコト、単身赴任のこと、小っちゃな入れ物にてんこ盛りしたわたしの手帖

ソコトリソコトラ -プチ・ココット-

ほぼ毎日寝かせ玄米[寝かせ玄米コラム]

マッサージって効果よりも自己満足が強いのかも

投稿日:

年の初めに、
「今年の目標」
を立てるのが好きで、毎年、達成されることのない目標を立てては
悦に入っていたました。

そう、目標を立てる という行為が好きなだけ。
目的はその達成では、ない。

スポンサーリンク

でも今年は違ってました。
そもそも、
「そういえば今年は目標を立てるの忘れてたなぁ・・・」
という程度にしか感じていなくて、
「もう今年はいっか」
とまで思ったほど。

だけどそれじゃぁなんなので、
毎年メンタル面の目標を立てていたので、今年は外面的な目標にしてみようかと。

そこで思いついたのが、「造顔マッサージ」。
故・田中宥久子さんで同じみのあれ。

もうずいぶん前に買って、気が向いた時にちゃちゃっとやっていたけれど、
今年は一年、毎日やってみようかと。

寄る年波には勝てない顔になってきたから、最後のあがきってことで。

造顔マッサージというと、その言葉を検索しただけで、
ちょっと不安になるようなワードも出てきます。

それも承知の上。
やるからには、良い側面と悪い側面をキチンと知った上でやりたいと思ったので、
なぜそういう不安要素を含んだワードが出てくるのかも調べてみました。

そこで素人ながら出した結論は、
「造顔マッサージをやるなら基本に忠実に」
ということ。

というのも、造顔マッサージでシワができてしまったとか、様々なトラブルは、
マッサージのやり方に慣れてしまったがため、いつの間にか自己流になってしまったのでは?
と感じたのです。

これはよくあることだと思います。
最初は付属のDVDと一緒にマッサージをしていたけれど、
そのうちやり方を覚えたからDVDと一緒にやらずに済むようになり、
そうしているうちに、どうしても自己流になってしまう・・・

だとしたら、これを防ぐのは簡単。
定期的に、自分のマッサージ方法をチェックすればいいだけ。

一週間に一度、週末の時間がある時にでも、
最初のようにDVDと一緒にマッサージをして確認してみると、
マッサージをしている場所が若干ずれていたり、
プッシュする場所がずれていたりと、案外違いが見つけられたりします。

それから、造顔マッサージは力が強すぎるという話もあるそうですが、
摩擦からの刺激は、
「マッサージクリームをたっぷり塗る」
ということで回避できるのではないかと。

とにかく、まずはやってみないことには始まりません。
話しはそれから。

1月の半ば頃から、朝晩と造顔マッサージを続けました。
疲れていたり、しんどい時には朝か晩のどちらか一回になることもありましたが、
おおむねいい感じに続いていました。

マッサージによる変化は感じませんでしたが、
自分に手をかけている
という満足感で満たされていた、という感じ。

普段、スキンケアに気をつかうタイプではなかったため、
こんな風に朝晩自分の肌の手入れに時間をかけていることが、
女子度をあげているような、そんな自己満足にひたることが出来ました。

ところが、です。
ある日の朝、ふと気づくと口元に、
それまであった口角のシワとは違う、新たなしわが出来ていることを発見。

それがいったいいつからあったのか、
どういう理由でそのシワができたのか、全くわかりません。

造顔マッサージのせいだとは思いたくなかったし、
もしマッサージによって出来たシワだとしたら、それは自分のやり方が間違っているということ。

その時点では、たとえシワが出来たとしても、造顔マッサージを辞めるつもりは全くありませんでした。

が、ちょうど同じ時期に、肌断食を知り。
肌断食では、
「極力肌に触れてはならぬ」
というものがありますが、それを言ったら造顔マッサージはその対極にあるもの。

肌断食には強い魅力を感じていましたが、
一年は続けようと誓った造顔マッサージをここで投げ出すのも嫌だなぁと。

ただ、そんな気持ちに揺れたのは2日だけ。
3日目には方向を完全に転換させ、
「よし! 今日からは肌に極力触れない 肌断食を決行だ!!」
と決めました。

ということで、2014年の年頭の目標でもあった
「造顔マッサージを続ける」
はあっけなく幕引きとなったのでした。

今振り返ってみると、マッサージの効果があったのかなかったのか、
それはわかりません。

そもそも期間が短すぎてデータが少なすぎるということもあるし。
毎日マッサージをしていても、あごのラインがスッキリしたという感覚は得られなかったし。

でもそのかわり、
「ワタシ、ガンバッテル!」
という、なんというか、自分に酔ってる感?はかなりありました。

もっと言えば、
「マッサージを続けて効果があればラッキー。 むしろ、自分に手をかけているってところが大事」
という気持ちが強かったような。

もちろん、セルフマッサージで効果を出している方はたくさんいるでしょうし、
マッサージ自体を否定しているわけではありません。

ただ、ずぼらで、これまでスキンケアにはほとんど時間をお金を割いてこなかった私には、
あまりむいているとは言えなかったのかなぁと。

私の場合、造顔マッサージを続けた二ヵ月間は、
自己満足が満たされた二ヵ月間、と言えるような気がします。

こちらの記事もおすすめです

1

何年か前にブログ記事にもしたことがある近大の青みかんサプリ「ブルーヘスペロン」。   今でも検索してこちらの記事にたどり着いてくれる方もいるほど。それだけ「なんとかして花粉の時期を乗り越えた ...

2

「花粉症」という言葉が登場し始めたのはいつの頃だったのでしょうか。今ではもう、花粉症は「5~6人に1人はなる」と言うほど国民病となっています。   街に桜の花がほころび始める頃、長い冬が終わ ...

3

寝かせ玄米の人気が高まっていて嬉しいかぎりです。体に良くて美味しくて、幸せになれる(!)食事だから、ぜひたくさんの方々に食べていただきたいです。 しかし、実際には寝かせ玄米のハードルは高いのが事実。ま ...

-ほぼ毎日寝かせ玄米[寝かせ玄米コラム]
-, ,

Copyright© ソコトリソコトラ -プチ・ココット- , 2019 All Rights Reserved.