日々のコト、子育てのコト、単身赴任のこと、小っちゃな入れ物にてんこ盛りしたわたしの手帖

ソコトリソコトラ -プチ・ココット-

肌断食経過ブログ 肌断食記録 1~100日

2014年3月19日(水)肌断食22日目

投稿日:

困った。
顔が痒い。
とても、痒い。

 

といってもこの痒み、肌断食とは全く関係ない。
要するに、乾燥からくる痒みではない、ということ。

 

では何の痒みかと言えば・・・
そう、花粉。

 

この時期は、いつもこんな風に顔が痒くなる。
それも、毎日、一日中ということではなく、
ちょっとしたきっかけから、しばらく痒みが続く、というもの。

 

そのきっかけは大体が髪の毛。

 

前髪やサイドの髪の毛がたった一本、顔に触れただけでもう、
いてもたってもいられないほど痒くなり、
一度掻くと、あちこちが痒くなってくるという負の連鎖。

 

これは結構精神的なものもあって、
ストレスでイライラしている時に起こることが多い。

 

花粉で鼻が始終ムズムズムズムズしていたり、
生理にまつわるPMSやらでイライラが痒みに変わったり。

 

今日なんて、爪が欠けてしまって、
うっかりその爪で掻いたものだから、あっちこっち傷だらけ。
顔だけは幸いにもその爪で掻かなかったからよかったものの。

 

はぁ、花粉の季節は嫌いじゃ。

スポンサーリンク

肌の状態

 

昨日はメイクもせず、水洗顔だけだったのに、今日は朝からずっと顔が突っ張っていた。
そして、肌はまぁいつも通りと言えばいつも通りだけど、
とにかく唇の乾燥がひどい。

 

皮がめくれて気になって仕方がない。
肌の断食よりも、唇に何も塗れないことの方が辛いとは。

 

 

皮脂

それでも午後になると、全体的にしっとりしてきた。
これは皮脂というよりも、マスクによる潤いという気もするけど。

 

 

しわ

特に変わらず。
目の下のたるみは目立たない。
法令線は相変わらず。

 

シミ

やっぱり右頬の肝斑が薄く、小さくなってる。

肝斑だから、肌断食とは関係ないことだと思うのだけど。
ずっと冷えとりをしていて、左頬の肝斑は冷えとりを始めてからきれいに消えたのだが、
右はしつこく残ってた。

 

これがまさか、肌断食で薄くなるとは、ラッキー。

こちらの記事もおすすめです

1

何年か前にブログ記事にもしたことがある近大の青みかんサプリ「ブルーヘスペロン」。   今でも検索してこちらの記事にたどり着いてくれる方もいるほど。それだけ「なんとかして花粉の時期を乗り越えた ...

2

「花粉症」という言葉が登場し始めたのはいつの頃だったのでしょうか。今ではもう、花粉症は「5~6人に1人はなる」と言うほど国民病となっています。   街に桜の花がほころび始める頃、長い冬が終わ ...

3

寝かせ玄米の人気が高まっていて嬉しいかぎりです。体に良くて美味しくて、幸せになれる(!)食事だから、ぜひたくさんの方々に食べていただきたいです。 しかし、実際には寝かせ玄米のハードルは高いのが事実。ま ...

-肌断食経過ブログ, 肌断食記録 1~100日
-,

Copyright© ソコトリソコトラ -プチ・ココット- , 2018 All Rights Reserved.