肌断食経過ブログ 肌断食記録 1~100日

2014年3月29日(土)肌断食32日目

肌の手触り悪し。
これまでで一番ざらざらかも。

鼻の頭など、ごわごわ・ザラザラもいいとこ。
原因は何?
昨日、こってりしたつまみ(濃厚なパテ)なんて食べたからか・・・?

鼻の頭なんて、2ヵ所ほど、角栓のようなものが出てる。
やっぱり脂肪の摂り過ぎか・・・?

スポンサーリンク

肌の状態

ざらざら・ごわごわ。
手触りは最悪、でも見た目はちっとも悪くない。
ごわごわザラザラ感がちっとも伝わってこない。

普通、ここまで手触りが悪い肌なら、
もう少し見た目が悪くても仕方ないと思うけど。
ま、ありがたいが。

皮脂

脂肪の摂り過ぎかも、と思うけど、相変わらず皮脂はなし。
でも不思議なことに、目の周りは潤ってる。
これはありがたい。

しわ

目尻のシワは相変わらず少ないまま。
それどころかメインの一本はともかく、もう一本のサブのシワ(なんだそりゃ)が 薄くなってきた気がする・・・?
いや、気のせいだよね。

おっと、それどころじゃないのよ。
腹話術の人形のように、はっきりくっきりついている法令線だけど、
ナント、右の法令線が薄く、浅くなってきてる・・・?
腹話術の人形じゃなくなっちゃってるよ。

いや、気のせいだよね・・・

シミ

人間の欲ってすごいよなぁと思うのは、
肝斑が薄くなったことだけでもありがたいと思うべきなのに、
左頬の真ん中にある、新人美容師にカラーリングの液が付着しているのかと拭かれる、
あのシミが消えないかなぁ・・・なんて欲が出てきていること。

いや、肝斑のこともありがたいと思っているのだけど、
せっかくだからさ、こっちもいっしゃわない? 的な、ね。

これが消えたらもう、私は肌断食を全面的に信じるね(今まで信じてなかったんか)。

毛穴

こう毛穴が小さくなってくると、どうしたって、
「化粧してみたい」
と思うもの。

この毛穴が小さくなった肌にファンデを乗せたら、
どれだけきれいに仕上がるだろう・・・

想像しただけで顔がにやける。

が、時は杉花粉の最高潮。
片時もマスクはかかせず。

化粧をしても、マスクで隠さなきゃならないし、
第一、化粧をしたら泡洗顔をしなきゃならない。

となると、どうしたって肌は乾燥するだろうし、肌を傷める。
だから無駄打ち(=無駄に化粧をしない意)はしたくない。

ということで、化粧はしばらくお預け。
楽しみは先延ばしにしておこう。

こちらの記事もおすすめです

1

何年か前にブログ記事にもしたことがある近大の青みかんサプリ「ブルーヘスペロン」。   今でも検索してこちらの記事にたどり着いてくれる方もいるほど。それだけ「なんとかして花粉の時期を乗り越えた ...

2

「花粉症」という言葉が登場し始めたのはいつの頃だったのでしょうか。今ではもう、花粉症は「5~6人に1人はなる」と言うほど国民病となっています。   街に桜の花がほころび始める頃、長い冬が終わ ...

3

寝かせ玄米の人気が高まっていて嬉しいかぎりです。体に良くて美味しくて、幸せになれる(!)食事だから、ぜひたくさんの方々に食べていただきたいです。 しかし、実際には寝かせ玄米のハードルは高いのが事実。ま ...

-肌断食経過ブログ, 肌断食記録 1~100日
-, ,

Copyright© ソコトリソコトラ -プチ・ココット- , 2020 All Rights Reserved.