日々のコト、子育てのコト、単身赴任のこと、小っちゃな入れ物にてんこ盛りしたわたしの手帖

ソコトリソコトラ -プチ・ココット-

肌断食を成功させるためのあれこれ

「ブクブク洗顔作戦」で肌断食を成功に導く

投稿日:

肌断食、始めたからには成功させたいもの。
せっかく買った化粧水や美容液を、泣く泣く封印したのだから、なんとしても失敗したくない!!

じゃぁ、肌断食における失敗って何だろう?

スポンサーリンク


 

肌断食失敗の原因は やはり乾燥?

まずは、「乾燥に耐えられなくなる」 じゃないかな。
私は乾燥肌ではないからこれまでそう苦労したことはないのだけれど、それでもたま~に、乾燥による顔の痒みに、かきむしりたくなる衝動に駆られることが。
多分だけど、肌断食を断念するのって、この痒みに耐えかねた時じゃないかなぁ。
その他に肌断食を失敗する理由としたら・・・
さっきも書いた通り、せっかく買ったばかりの美容液を使わなきゃもったいない、と思ったりとか?

それから、耐えた割には 思ったほどの成果を得られなかった、という理由もあるかな。
いずれ肌がいい方向に変わっていくとしても、今の段階では全くの未定で、先が見えない不安の真っただ中。これまでのスキンケアの習慣を一切やめ、時に痒みに耐え、時に同僚に笑われ(?)、それに耐えたのだって 「美肌」を夢見ているからこそ。

それが・・・
あれこれ耐えに耐えて、その結果が燦々たるものだったとしたら・・・荒れるよね(´-ω-`)

ぶるるっ。

まぁ、肌断食を始める前から弱気になっていても仕方がないから、とりあえず 「肌が極力乾燥しない」方法を考えてみる。
肌が乾燥する理由として考えられるのは、洗い過ぎ。
これはよく言われていることだと思う。

ただ私は混合肌なので、ガシガシ洗ってさっぱりするのが好き。
若い頃は、どんだけ洗おうが すぐに天然の皮脂で潤ってくれたほど。
今こそその皮脂が欲しいところなのに、悲しいかな、年齢とともに減っていくばかり。 皮脂よ、お前の出番は今まさにここなのだぞ。

で、肌断食中はメイクもしないことが多くなるので、クレンジングが必要なくなり、さらには石鹸による洗顔も必要ないとのこと。
肌断食により、これまで甘やかされて育った肌が、びっくらこいている時に、洗浄力の強いものでわずかな皮脂を洗いとってしまったら、それこそ肌断食失敗の元。
だから普段メイクをしていない時は、水(ぬるま湯)で洗うのがよろしいそうな。

といっても、蛇口からジャージャー流れる水を両手ですくい、ジャバジャバ・ゴシゴシと洗ってはなりませぬ。
なんでも、 肌を刺激することが一番よくない のだそうで。
肌に触れることは極力避け、ふぉわ~っと、ふわ~っと洗うのがいいそうな。

う~ん、これだと汚れが落ちているのかどうかよくわからないので、オリジナルの洗顔方法を編み出してみた。
それは

ブクブク洗顔作戦!!

いえ、特にオリジナルでもなんでもなく、本に書いてあったのですが、わかりやすい名前をつけてみただけ。
要するに、ブクブクという泡で顔の汚れを落とそうという作戦。

やり方は、 洗面器に表面張力ができるほどのぬるま湯を入れ、その中に顔をドボンとツッコミ、鼻や口から ブクブクブク と泡を出すだけ
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」
と言うのもOK。
泡がたくさんたつので、その泡の振動で洗う作戦。

水だけ洗顔は 「ブクブク洗顔作戦」で決まり☆です。

こちらの記事もおすすめです

1

何年か前にブログ記事にもしたことがある近大の青みかんサプリ「ブルーヘスペロン」。   今でも検索してこちらの記事にたどり着いてくれる方もいるほど。それだけ「なんとかして花粉の時期を乗り越えた ...

2

「花粉症」という言葉が登場し始めたのはいつの頃だったのでしょうか。今ではもう、花粉症は「5~6人に1人はなる」と言うほど国民病となっています。   街に桜の花がほころび始める頃、長い冬が終わ ...

3

寝かせ玄米の人気が高まっていて嬉しいかぎりです。体に良くて美味しくて、幸せになれる(!)食事だから、ぜひたくさんの方々に食べていただきたいです。 しかし、実際には寝かせ玄米のハードルは高いのが事実。ま ...

-肌断食を成功させるためのあれこれ
-, ,

Copyright© ソコトリソコトラ -プチ・ココット- , 2019 All Rights Reserved.