日々のコト、子育てのコト、単身赴任のこと、小っちゃな入れ物にてんこ盛りしたわたしの手帖

ソコトリソコトラ -プチ・ココット-

アンチエイジング ダンベル体操

ダンベル体操の効果が抜群なのは実証済み!全幅の信頼を寄せています

投稿日:

年末に宣言した「半年かけてマイナス5キロ」を実現すべく、毎日運動しています。

 

これまで、食事の内容に気を使ってみたり、食べる順番に気を使ってみたりと、あの手この手と「運動をしないで痩せる方法」を実践してきましたが、やはりそれは都合がよすぎるだろうと。

 

年齢的にもやはり「食事と運動」を併用しないことには健康的に痩せられないなぁと感じる

081984

 
ちょうど年末でオットーが家にいることもあり、
「この年末年始は毎日ウォーキングしない?」と持ちかけたところ、
「おぉ、えぇな!!」と好反応。
帰省前後の毎日、市内をぐるぐるとウォーキングしていました。
多少の差はあれど、1時間から2時間、歩数にすると、8000歩から1万5000歩は歩けたかな。
普段、全く歩かない生活だったので、膝が笑うほど歩いた歩いた!

 

そしてオットーの会社が始まり、一人であちこち歩くのは面白くないので、
その代りに家でダンベル体操をすることに。

このダンベル体操、今から5年ほど前に、マイナス5キロのダイエットに成功した実績があり♪
効果がなかなか出ないのがデメリットではありますが、ある時期からスッと痩せてくるのが快感!

 

この「なかなか成果が出ない」というのがネックで、その後何度かトライするものの、一ヵ月くらいで飽きて辞めちゃっていたのですが・・・
今回は本気です。マジです。

 

まず、服がどれもきつくなってきたので、経済的な事情からのダイエット。
そして、年齢的にも痩せないとという健康管理からのダイエット。

 

この二本立てで自分を追い込みます。

 

なぜか今回はスイッチがきっちり入ったようで、順調に毎日ダンベル体操が続けられています。

 

やり始めはきついですが、少しずつ体力がついてくるのがわかるのもモチベーションが上がるエクササイズと言えるかもしれませんね。

 

土日が入るとお休みしてしまい、そのままずるずるとやらなくなってしまう・・・というのがこれまでの常でしたが、今回はせめて土日のどちらかにおこなったり、2日休んでしまったら月曜日にしっかりやる・・・と、バランスよく続けられています。

 

ダンベルの動きを参考にしているのはこのサイト。
http://www.sugar.or.jp/exercise/04.shtml

 

このイラストを印刷して、冷蔵庫に貼って運動をします。

 

ただ、イラストなので正確な動きが確認できず、疑問を抱きながらのダンベル体操だったのですが、こんな動画を発見。

そうそう、これこれ♪
イラストの動きと多少違うところもありますが、姿勢や動かし方など、やはり動画の方が正しくできる感じがします。

 

これを続けて効果が出るのは・・・三月?
そう、ダンベル体操の効果が出るのは三ヶ月先なのですよ・・・
以前成果が出た時も、きっちり三ヶ月後でした。

 

ここを乗り切ることができればこんなに手軽なダイエット方法はないと思っています。
寒かったり暑かったりするときに外に出ないで済むし、時間がとれるときに家で出来るというのは本当に嬉しい!

 

一日24時間のうちのわずか20分を運動時間にあてればいいだけですからね。
一万歩ウォーキングするには一時間半必要なので、それを考えたらかなりの時間短縮です。

 

私のダンベルは、ダンベルと言うか・・・鉄アレイ(笑)
今の季節、室内の温度が下がりまくっているから、握り始めは鉄アレイで手のひらが氷つくように冷たい(゚Д゚)ノ

 

もう何十年も前に買ったもので(いや大げさでなくホントに)、買い換えたいけどなかなか買い換えられず。

 

でもこんな可愛いダンベルだったらテンションも上がりそう♪

ちなみに私の鉄アレイは2キロです。結構ハードですよぉ~(*´з`)

 

以前5キロ落とした時は、
「この鉄アレイ2個分よりもさらに肉をつけてたのね・・・」
と愕然としました。

 

2キロの鉄アレイ×2で4キロ、それ以上の脂身ということですものね・・・コワッ!
今回も久しぶりにあの感動を味わってみたいものです。

 

今年の春は、トートの卒業式&入学式が控えています。
今のこの体では・・・手持ちのスーツが入らない!!

 

経済的にも私のダイエットはかなり重要な任務なのであります(;´Д`)

こちらの記事もおすすめです

1

何年か前にブログ記事にもしたことがある近大の青みかんサプリ「ブルーヘスペロン」。   今でも検索してこちらの記事にたどり着いてくれる方もいるほど。それだけ「なんとかして花粉の時期を乗り越えた ...

2

「花粉症」という言葉が登場し始めたのはいつの頃だったのでしょうか。今ではもう、花粉症は「5~6人に1人はなる」と言うほど国民病となっています。   街に桜の花がほころび始める頃、長い冬が終わ ...

3

寝かせ玄米の人気が高まっていて嬉しいかぎりです。体に良くて美味しくて、幸せになれる(!)食事だから、ぜひたくさんの方々に食べていただきたいです。 しかし、実際には寝かせ玄米のハードルは高いのが事実。ま ...

-アンチエイジング, ダンベル体操
-

Copyright© ソコトリソコトラ -プチ・ココット- , 2018 All Rights Reserved.