日々のコト、子育てのコト、単身赴任のこと、小っちゃな入れ物にてんこ盛りしたわたしの手帖

ソコトリソコトラ -プチ・ココット-

ダイエットコラム

雨の日は踏み台昇降を一万歩ウォーキングの代わりに

投稿日:

雨の中、カッパを着て傘をさして歩くという方法もあるけれど・・・

バサバサと降る雨を見ているうちに、そんな気持ちも萎えてきました・・・
濡れそぼって歩く自分の姿を俯瞰で想像した時に、なんだか惨めな気持ち(笑)になってきてしまったので。

同じように歩いているようでも使う筋肉が全然違う

そもそも私は、「雨に濡れる」ということが大の苦手。
雨の日はできることなら家から出たくないと思っています。

何がそんなに嫌なのか、よく考えてみると、

① 靴が濡れるのが嫌
② 泥はねが嫌
③ 髪や身体が濡れるのが嫌

ということでした。
特に、靴が濡れることがとても嫌で、出先で雨が急に降りだしたりして、靴が濡れるのが本当に嫌でした・・・

高い靴を履いているからとか、濡れるとよくない皮靴を履いているからとかでもなく、クロックスが濡れるのもダメ(笑)

要するに、
靴が濡れて、それが靴の中まで染みてきて足が濡れるのが嫌
ということです。

まぁ、靴の中まで濡れてくるには相当の雨がかかった場合だけでしょうが。

もう濡れることを覚悟して、長靴を履いたりカッパを着て出かけるならまだいいのですが、そこまでして出かけなければならない用事というのもあまりないため、雨の日は家でじっとしていることが多いです。

ただ、一日一万歩を毎日歩くと決めた以上、雨の日も対策をして歩こう!と思ってはいました。

しかし、いざ雨の日になると、どうも気持ちが萎えます。
「なにもこんな雨の中に出て行かなくても・・・」

よっぽど雨の日が苦手のようです。

そこで、これからも雨の日はやってくるので、「雨の日の運動」を考えてみました。
すると家に踏み台昇降があることを思い出したので、雨の日に歩けない代わりに、家の中で踏み台昇降をしてみることにしました。

以前も毎日15分続けていたことがありますが、案外キツイ運動です。
それを一日一万歩、一時間半の時間を踏み台昇降に置き換えるのですから・・・考えただけでもげんなり(笑)

しかし、まずは始めてみないことにはどうにもなりません。撮りためてあるドラマを見ながら踏み台昇降開始です!

がしかしすぐ飽きる

歩いているよりも、録画したドラマを見ながら踏み台昇降をした方が楽なように見えますが、これがやってみると全然逆。
歩いている方がよっぽど楽~!!

とにかく、普段からいかに足を上げて歩いていないか、ということでしょうね。さほど高くない踏み台ですが、15分でもかなりきついです。

しかし一万歩ウォーキング替わりなのだから・・・とさらに頑張りました。まずは30分。とにかく続けようと30分頑張りました。

ところが、30分過ぎた時点でも歩数計は悲しくなるほど少ない(>_<)
歩数を見ると一気にやる気が失せてきますが、もう少し頑張って45分歩くことに。それでこの日は良しとしました。

多分ですが、歩数的にはたいして稼げなくても、負荷は断然踏み台昇降にあると思います。だから、ウォーキングと同じ時間を目指さなくてもいいかもしれません。

そして負荷が大きいというのは次の日によくわかりました。
久しぶりの筋肉痛!!

一日一万歩ウォーキングを始めた時でも筋肉痛にはならなかったのに、踏み台昇降できました。
やはり使っている筋肉が全然違うのですね・・・

これからも雨でウォーキングが出来ない時は踏み台昇降を取り入れていくつもりですが、無理に歩数計で一万歩を計らなくてもいいかもしれません。

今は
「運動をしない日を作らない」
ということが大切かも。

こちらの記事もおすすめです

1

何年か前にブログ記事にもしたことがある近大の青みかんサプリ「ブルーヘスペロン」。   今でも検索してこちらの記事にたどり着いてくれる方もいるほど。それだけ「なんとかして花粉の時期を乗り越えた ...

2

「花粉症」という言葉が登場し始めたのはいつの頃だったのでしょうか。今ではもう、花粉症は「5~6人に1人はなる」と言うほど国民病となっています。   街に桜の花がほころび始める頃、長い冬が終わ ...

3

寝かせ玄米の人気が高まっていて嬉しいかぎりです。体に良くて美味しくて、幸せになれる(!)食事だから、ぜひたくさんの方々に食べていただきたいです。 しかし、実際には寝かせ玄米のハードルは高いのが事実。ま ...

-ダイエットコラム
-,

Copyright© ソコトリソコトラ -プチ・ココット- , 2019 All Rights Reserved.