日々のコト、子育てのコト、単身赴任のこと、小っちゃな入れ物にてんこ盛りしたわたしの手帖

ソコトリソコトラ -プチ・ココット-

コトリイロイロ

植木屋さんへのお茶出し

更新日:

 

庭に木があるのはいいものです。
夏には木陰が出来るし、冬になれば葉が落ちて家の中に温かい空気を運んでくれるし。

 

夏には木陰の下で、あはは~うふふ~とバーベキュー♪

 

・・・な~んて時期はとっくに過ぎ去り、トートなんてもう庭に何年入ってないだろう?と思うほどだけどね( ;∀;)

 

木は季節を感じさせてくれるし、癒しを与えてくれるものでもありますが、どんどん育って大変なことになります。

 

その前にきちんと剪定しなければなりませんが、これ、素人がやると本当にみっともなくなるんです。下手すると次の年に花が咲かなかったりするし(゚Д゚)ノ

 

だからもう何年になるでしょうか、ずっと同じ植木屋さんに剪定をお願いしています。

 

毎年この季節になると、「もう1年経ったんですね~」と同じ挨拶が繰り返され(笑)、植木屋さんが帰った後はさっぱりして家の中が明るくなるほど ←どんだけ鬱蒼としてるんだか

 

今年もその時期がやってきました。

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

植木屋さんへのお茶出し、みんなどうしてる?

うちが家を建てたばかりの頃、外構工事をした際には、お茶出しはもちろんトイレも貸していました。

 

これはその業者さんにもよるでしょうが、うちがお願いしたところは当初トイレも辞退していたんです。

 

じゃぁどこでするか?

 

私もあとで知ったのだけど、立ち〇。〇・・・←自主規制
しかもそれを近所のおばちゃんからクレームがきて知ったという(悲

 

工事が一週間くらいかかったので、クレーム後は「家のトイレを使ってください」「いえ、大丈夫です」「大丈夫じゃないので使ってください!」とこちらからお願いしていました。

 

うちから歩いて5分ほどのところに公園があってそこにトイレもあるのだけど、やっぱりそこまで行くのは面倒だったみたい。

 

そんなことがあったので、植木屋さんに入ってもらった時もうちのトイレを使うように言ったのです。

 

でもその植木屋さんはとても良い方なので、
「散歩がてら公園まで行くから大丈夫です。あちこちの家の庭を見て歩くのも好きなんです」
と言ってくれて。

 

その後近くにコンビニが出来たので、「トイレも食事の心配もなくてここは本当にありがたい」とまで言ってもらえるようになったという。

 

ありがとう、セブンイレブン。

 

ということでトイレの心配はなくなったものの、やっぱりお茶出しくらいはしないとなぁと思い、10時と3時に出しています

 

 

難しいのは声をかけるタイミング。
10時前後になると庭を見て植木屋さんの作業している場所を見て、そろそろ声をかけても迷惑じゃないかなぁという頃を見計らっています。

 



植木屋さんへのお茶出し・飲み物編

出しているものはコーヒーとお茶、そしてお菓子。
何が好みなのかわからないので、いろいろな選択肢をと思ってコーヒー以外の物を出すようにしています。

 

例えば、一応缶コーヒーを出すけれど私で言えば缶コーヒーは絶対に飲まないものなので、出されてもとても困ってしまうもの。

 

だから一緒に緑茶やウーロン茶や紅茶を出します。最初だけポットにお湯を入れて外でお茶を入れていましたが、今はもっぱらペットボトルです。

 

その方が飲み残しても蓋ができるし、飲み残したら持ち帰ることもできていいかなと。

 

幸いうちの植木屋さんは缶コーヒーが大好きだということなので、各種メーカーを取り揃えて新製品なんかも入れておきます。

 

普段缶コーヒーを買うことはないから、これが結構楽しかったりする(*´з`)

 

そしてこの時期、とても冷え込むことがあるので缶コーヒーは鍋で温めておきます。これ、案外喜ばれて、指先の冷たさを缶コーヒーで温めたりしているようです。

 

内の場合、3時のお茶の頃には作業がほとんど終わっているので、最近はお茶出ししていません。
ただし、帰りの車で飲んでもらえるように残ったお茶を袋に入れて持ち帰ってもらっています。

 

飲み物に関してはこんな感じ。

 

植木屋さんへのお茶出し・お菓子編

 

それからお菓子ですが、どんな食べ物が好きかわからないので、甘いもの・しょっぱいもの・飴ちゃんなんかを用意しています。

 

チョコレートなどは一つずつ個包になったものがつまみやすいよう。おせんべいもしかり。作業しながらなめる飴も好評みたいです。

 

そしてそれらのお菓子も最後に袋に入れて持って帰ってもらっています。小腹が減った時に助かると喜んでくれています。

 

うちに来てくれている植木屋さんはまだ若い方で(おじいちゃんではないということだけど)、話もしやすいので10時のお茶の時には一緒にその場にいます。

 

長くお願いしているので、剪定とゴミの処理までやってもらって破格のお値段みたい。ありがたいです。ホント、あの人がいなくなっちゃったらどうしたらいいだろう?と不安になるほど。

昔ながらの気質の職人さんにお願いするのは躊躇しますが、今の植木屋さんは結構フランクです。なんなら1本から剪定してもらえるところもあるし。
ホームセンターのコメリ 庭木一本からでも受け付け!

 

植木屋さんは長く付き合うことになるでしょうから、良い方に出会えるといいですね。

アドセンス

アドセンス

こちらの記事もおすすめです

1

何年か前にブログ記事にもしたことがある近大の青みかんサプリ「ブルーヘスペロン」。   今でも検索してこちらの記事にたどり着いてくれる方もいるほど。それだけ「なんとかして花粉の時期を乗り越えた ...

2

「花粉症」という言葉が登場し始めたのはいつの頃だったのでしょうか。今ではもう、花粉症は「5~6人に1人はなる」と言うほど国民病となっています。   街に桜の花がほころび始める頃、長い冬が終わ ...

3

寝かせ玄米の人気が高まっていて嬉しいかぎりです。体に良くて美味しくて、幸せになれる(!)食事だから、ぜひたくさんの方々に食べていただきたいです。 しかし、実際には寝かせ玄米のハードルは高いのが事実。ま ...

-コトリイロイロ
-, ,

Copyright© ソコトリソコトラ -プチ・ココット- , 2018 All Rights Reserved.