日々のコト、子育てのコト、単身赴任のこと、小っちゃな入れ物にてんこ盛りしたわたしの手帖

ソコトリソコトラ -プチ・ココット-

読書日記 @コトリ

最近読んだ本 江國香織ワールドの中にいます

投稿日:

秋ですね。読書が楽しい季節です。
雨戸なんぞをさっさと閉めちゃって、夕飯も早めに準備しておいて、子供たちが帰ってきたらササッと出して。
読書三昧を楽しむためなら、案外機敏に動けちゃうのです。

 

最近読んだ本

Books
Books / Rodrigo Galindez

 

「からだの中から若返るグリーンスムージー健康法」は、今アニーも朝食にグリーンスムージーを飲んで行っているため、もう少し栄養的な勉強をしっかりした方がいいかなと思って。

そもそものグリーンスムージーのルール・効果・効能なんかもしっかり頭に入れたかったし、アニーが飽きずに飲める工夫もしたいと思ったのでした。

編み物の本は、この冬久しぶりに編み物をしたい気分だったので。どうせ編むなら、大好きな三國万里子さんの作り方がいいな~と。
というか、見ているだけで満足。三國ワールドに浸れた・・・(*´▽`*)

「きらきらひかる」は再読。むかーし読んで大好きだった本。江國さんとの出会いはこの本でした。装丁の美しさに惹かれて手に取って、それ以来たくさんの江國さんの本を読んできました。

お風呂に入りながら一気に読み返しましたが、途中から涙が止まりませんでした。この涙の種類は、村上春樹の「海辺のカフカ」で、ナカタさんが死んじゃった時の涙。
「きらきらひかる」の中で誰かがなくなるわけじゃないけれど、もうどうしようもない、仕方ないのだけどやるせない、という感じの涙がだーだー流れました。

で、すぐに続編が読みたくなって、「ぬるい眠り」の中から一番最後に掲載されている「ケイトウの赤、やなぎの緑」を読んでいる途中。

簡単に読み終わるような短編だけど、笑子と睦月と紺の10年後なんて、もったいなくて読み進められない!!
ということで、ゆっくりじっくり少しずつ読みます。

「薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木」もまだ途中。あまり好きじゃないかも。というか、江國さんの小説ばかりでちょっと飽きてきました^^;
でもまだ10冊くらい買ってあるから読まないと。

「ウエハースの椅子」も良かったなぁ。思いっきり不倫なのが個人的に抵抗があるところですが。
この本を「最高傑作」とおっしゃる方もいるようですが、私的に今のところ「神様のボート」が現時点での最高傑作かな。

あの世界観から未だに抜け出せていません。
そんな私もまた【神様のボートに乗っちゃったのだから仕方ない】のでしょう、きっと。

こちらの記事もおすすめです

1

何年か前にブログ記事にもしたことがある近大の青みかんサプリ「ブルーヘスペロン」。   今でも検索してこちらの記事にたどり着いてくれる方もいるほど。それだけ「なんとかして花粉の時期を乗り越えた ...

2

「花粉症」という言葉が登場し始めたのはいつの頃だったのでしょうか。今ではもう、花粉症は「5~6人に1人はなる」と言うほど国民病となっています。   街に桜の花がほころび始める頃、長い冬が終わ ...

3

寝かせ玄米の人気が高まっていて嬉しいかぎりです。体に良くて美味しくて、幸せになれる(!)食事だから、ぜひたくさんの方々に食べていただきたいです。 しかし、実際には寝かせ玄米のハードルは高いのが事実。ま ...

-読書日記, @コトリ
-

Copyright© ソコトリソコトラ -プチ・ココット- , 2019 All Rights Reserved.