日々のコト、子育てのコト、単身赴任のこと、小っちゃな入れ物にてんこ盛りしたわたしの手帖

ソコトリソコトラ -プチ・ココット-

家の中で快適に過ごすこと

子どもが成長した今だからこそテプラを買って家の中の物の共有化を計ってみた

投稿日:

 

テプラを始め、ラベルプリンターはもう子供二人が大きくなった今、うちには必要ないものだと思っていました。

 

まだ結婚したばかりで、インテリアや収納にこだわっていた頃に、
「一目見てわかる収納を」
という思いからネームランドを購入。そのうち子供が生まれたら使うだろうと思っていたし。

 

実際、子供が生まれてから幼稚園・小学校低学年の間には、持ち物に名前をつけるのに大活躍してくれました。テープ代は少々痛かったですが物を失くしやすいアニーには必需品でした。

 

今さらだけど物の置き場所を見える化

しかしその後、ネームランドの調子も悪くなっていて、名前のラベルを一つ作るのに一苦労!
電池を新しくおろしたものを入れたのに
「ローバッテリー」
なんて表示されるし、入力して「印刷」を押すと、なぜか電源が落ちちゃうし。

 

この「入力できる」というところが曲者で、「もしかしたらまだ使えるかもしれない」という思いが、使わないのにここまで所有し続けてきてしまった理由です。断捨離って難しい!

 

なんとかかんとか必要頻度の高い時期を乗り切って以降はもう、ネームランドの入っている引き出しを開けることすらなくなっていました。

 

そのネームランドはこちら。

「ネームランド  KL-P7」です。

 

しかしここ最近、「誰が見ても物がわかる場所にある」ということに強く憧れるようになりました。以前からそう思っていたけれど、どうしてもそうできなかった理由の一つに、アニーがいたこともあると思います。

 

片づけても片づけても、物の置き場所を作っても作っても、絶対にそこには戻さない、それがアニー。
なんなんでしょうね、あの性格は^^;

 

それでも最初のうちは頑張っていましたが、いつしか頑張りが効かないようになり、そのうちなし崩し的に家の中はごちゃごちゃに・・・

 

でも、こんな風に「置き場所の見える化」に取り組もうと考えるようになったのも、トートと二人で暮らすようになったからだと思います。なにしろトートと暮らしていると、
「ここにあったあれ、誰が使ってどこに置きっぱなし!?」
ということが全くなくなったので。

 

これも性格なのでしょうが、トートは使ったものは元の場所に戻せるタイプ。これが普通ですけどね。
しかし、アニーだけでなくピヨ彦も使ったら使いっぱなしの性格だから、ピヨ彦とアニー不在の今こそが「見える化」のチャンスなのです!

 

今さらテプラ?
今こそテプラ!笑

 

・・・と意気込んで購入した、ネームラベルの本家・テプラ。

ネームランドと並べるとこんな感じ。

ちなみに、今回ネームラベル機を買うにあたり、他のブランドの物も検討してみました。
中でもブラザーの「ピータッチ」に強くひかれました。値段もコンパクトな所も適切かなと。

特に、数年前に家のプリンターを大手メーカーのものからブラザーの複合機に変えて以来、そのコスパの良さと値段にとても感激し、以来ブラザーには信頼を置いていたのです。

 

しかし残念ながら、今後使い続けていくことになるテープの値段・長さなどを複合的に考えると、結局テプラの方が長い目で見るとコスパが良いとわかったので今回はキングジムにしたというワケです。

 

ネームランドは単三電池を6本使用しますが、以前使っていた時にネックだったことと言えばこれ。

別売りでACアダプターもありますが、ただでさえ調子が悪くなっているのに、アダプターを買って無駄になったら・・・と思ったので買い替えを決断しました。

 

同じ型のKL-P7は人気があったようで、今でも使い続けている方も多いようです。こちらのACアダプターが使えるようですから、電池より経済的かも。

使ってみるとやはりACアダプターは便利!

今回買い替えたテプラはACアダプターも標準装備で、お試しサイズではありますが12mm幅のテープも付属してくるから、すぐに使い始められるのもいいですね。

 

テプラにも電池を入れる場所はあります。

これで家の中の物の置き場所が見える化でき、ピヨ彦に「あれはどこ?」「これはどこ?」と聞かれずに済みます。帰省したアニーにも聞かれることはなくなるでしょう。

 

トートは・・・
黙ってどこにあるか静かに探すでしょうね(;・∀・)

こちらの記事もおすすめです

1

何年か前にブログ記事にもしたことがある近大の青みかんサプリ「ブルーヘスペロン」。   今でも検索してこちらの記事にたどり着いてくれる方もいるほど。それだけ「なんとかして花粉の時期を乗り越えた ...

2

「花粉症」という言葉が登場し始めたのはいつの頃だったのでしょうか。今ではもう、花粉症は「5~6人に1人はなる」と言うほど国民病となっています。   街に桜の花がほころび始める頃、長い冬が終わ ...

3

寝かせ玄米の人気が高まっていて嬉しいかぎりです。体に良くて美味しくて、幸せになれる(!)食事だから、ぜひたくさんの方々に食べていただきたいです。 しかし、実際には寝かせ玄米のハードルは高いのが事実。ま ...

-家の中で快適に過ごすこと
-

Copyright© ソコトリソコトラ -プチ・ココット- , 2018 All Rights Reserved.